中古バイクを購入する時には、専門ショップを利用するという人が大半です。
街中には様々なショップがあり、それぞれが特色のある営業をしている状況です。

オーソドックスな車両をラインナップしているショップもあれば、希少車や特定の車種にクローズアップしたラインナップのショップなどもあり、利用者は自分自身のニーズに合わせてショップを選択することになります。
その際、「このポイントを押さえておけば、そのショップが優良店かどうか分かる」と言うポイントがいくつかあります。



全ては無理でもいくつかのポイントを踏まえてショップ選びをしていくことで、より満足度の高い買い物が出来る可能性がアップします。


まず、「中古バイクのアイドリングを見たい」と言いましょう。

中古のバイク関する情報選びといえばこちらのサイトです。

時には対応してもらえない場合もありますが、普通はすぐにアイドリングを見せてくれます。

対応してもらえないとしたら優良店である可能性は低い為、納得出来る理由が無い時は別のショップを探した方が得策です。
中古バイクの状態を判断するうえで、アイドリングの状態確認は非常に有効な方法です。

その際、「チョークを引いているかどうか」、「始動後にアクセルを煽っているかどうか」を良く見ることが大切です。

年式が古くなるにつれてチョーク無しでは始動しづらくなってきますが、しっかりと管理されている場合はチョーク無しでも安定して始動します。


少なくとも、そういった情報を聞けるかどうかは確認が必要です。
また、始動後にすぐにアクセルを煽ってしまうショップは信用できないショップだと言えます。

日本経済新聞情報を、皆様へ配信するサイトです。

見たいのはエンジンのふけ具合では無く「エンジンの安定性」ですので、煽ってエンジンを強制的に暖めようとするショップは避けた方が無難です。